ニコチン依存度チェック

たばこコストチェック

禁煙をしよう!

禁煙できない理由

禁煙のススメ

タバコの基礎知識

タバコにおける社会的な動き

禁煙コラム

禁煙方法研究会TOP > 禁断症状とその対処法

禁断症状とその対処法

タバコが吸えないイライラ「禁断症状」を乗り越えよう

禁煙に立ちはだかる大きな壁が「禁断症状」です。
禁煙開始から3日以内がもっともツラくて、以後は徐々に緩和されていきます。

禁断症状の例

  • タバコが吸いたくなる
  • 夜に眠れなくなる。目が覚める。そして昼間は眠くなる
  • 頭痛
  • 頭がボーッとすることがある
  • イライラする
  • 落ち着かない

禁断症状を和らげるためにニコチンパッチやニコチンガムを使った「薬物療法」がありますが、 更なる対処法として「行動療法」をご紹介します。

1:行動パターンを変える

習慣的に喫煙していた行動パターンを変えて、喫煙の衝動をコントロール。
・朝一番に顔を洗ったり、ストレッチしたりする
・お酒を控える
・早寝早起きをする
・食後の余韻で喫煙するなら、早めに席を立って散歩する

2:環境を変える

タバコを吸ってしまう環境を変えて、喫煙の衝動をコントロール。
・タバコやライターなど、すべて処分する
・飲み会を控える、遠慮する
・パチンコを控える
・タバコを吸わない人と遊ぶ

3:別の行動に置き換える

喫煙を別の行動に置き換えて、喫煙の衝動をコントロール。
・ストレッチをする
・ガムを噛む
・歯を磨く
・外の空気を吸う

ページ上部へ