ニコチン依存度チェック

たばこコストチェック

禁煙をしよう!

禁煙できない理由

禁煙のススメ

タバコの基礎知識

タバコにおける社会的な動き

禁煙コラム

禁煙方法研究会TOP > 薬局で禁煙コース

薬局で禁煙コース

市販されている禁煙アイテムを上手く使おう

薬局で禁煙コース

こんな人におすすめ!

  • ・喫煙本数やニコチン依存度が平均的である
  • ・なるべく楽に禁煙したい
  • ・忙しくて病院に行けない
  • ・薬を飲むのはあまり好きではない
  • ・禁煙後の口さみしさが心配だ
「薬局で禁煙コース」は、「ニコチンガム」や「ニコチンパッチ」を使い、 ニコチン依存による禁断症状を緩和しながら禁煙を進めます。

ニコチンガム

【こんな人におすすめ】

・口寂しさが心配・・
・肌が弱い
・仕事上汗をたくさんかく
・起床、食事、就寝時間が不規則

ニコチンガムは、「タバコを吸いたい」と思った時に噛みます。
すぐにニコチンが摂取できるため、「吸いたい」という気持ちをある程度抑えることが可能です。
また、禁煙後の口寂しさも一緒に解消することもできるでしょう。

ただし、適切な使い方と使用量を守らなければ正しい効果が得られないばかりか、胃の不快感や胸やけなど副作用が出てしまう場合があります。

【大切】
  • ニコチンガム使用時の喫煙は絶対にダメ
  • 1回1個を守って、30分~1時間ほどゆっくり時間をかけて噛みましょう
  • 1日に噛むガムの量は、自分のタバコの本数に見合った分だけと決めましょう
  • 1週間前後を1つの区切りと考え、徐々に数を減らしてみましょう
※詳しい使い方はご購入の際についている説明書を読んでください。

ニコチンパッチ

【こんな人におすすめ】

・仕事中にガムを噛めない
・歯・あごの調子がよくない
・タバコを意識したくない
・ニコチンガムが合わない

パッチは朝起きて貼る、寝る前にはがす、というふうに皮膚に貼り付けるだけなので比較的使いやすいでしょう。
また、仕事の都合上、「ガムを噛むのはちょっと・・」という場合も、パッチだったら1日1枚、張るだけなので手軽に始められると思います。

ただ、薬局に市販されているニコチンパッチはお医者さんからもらう医療用と比べて高用量ではないため、人によっては禁断症状が十分に抑えられない場合があります。

【大切】
  • ガムと同様に、使用時の喫煙は絶対にダメ
  • 同じ場所に貼り続けるとかぶれてしまうので、貼る場所は毎日変えましょう。(お肌の弱い方は特に!)
  • 朝起きてすぐに貼って、寝る前にはがす、という習慣をつけましょう
  • 1日1枚以上はるようなことはせず、正しく使いましょう

どちらの方法でも大切になるのは、
1、「自分のニコチン依存度にあった適正量を使う」こと
2、使用方法を十分に理解し、正しく使うこと
3、薬に頼ってばかりでなく、ご自身のモチベーションも大切にすること(※1)

※1:「自力で禁煙コース」に記載の内容も合わせていただくことでより一層、禁煙成功への道を強固なものにしましょう。

ページ上部へ